「私の甥っ子にそんなふざけた十字架を背負わせてたまるか」

5326.jpg

海上護衛任務。
序盤から就ける任務であり、その資源獲得効率は今現在でもトップクラスに位置します。

この任務が優遇されている理由として、日本海軍が海上護衛を軽視していたことが挙げられます。
仮に大きな海戦で大敗していなかったとしても、この点から敗戦は必至でした。



開戦から米海軍は日本に対し、継続的に潜水艦戦を仕掛けてきました。
日本の水上艦戦力はアメリカにとっても脅威であり、正面からぶつかることを避ける意図もありました。

対する日本はその持ち前の水上艦で艦隊決戦に持ち込むことを第一に考えていました。
輸送船の護衛のために予算を割くことはまかり通らぬといった感じです。



序盤は日本の攻勢が勝りました。
米潜水艦部隊の重要拠点が次々と落とされ、潜水艦による被害もそれほどではありませんでした。

しかし日本の攻勢が終わり、補給線が伸びきったところから状況は変わってきます。
次々と潜水艦に沈められる輸送船。事態を重くみた日本海軍は護衛船団を組むも、そもそも対潜装備が貧弱な為、米潜水艦を補足できずに被害が増すばかり。


「潜水艦ってのは分からないんですよ。ぽっと潜望鏡を出しましてね、すぐ沈めて魚雷を撃ってきますから」


空に怯え、海の下にも怯えながら航行しなければならなかった現場の兵士は本当に気の毒でした。

資源を求めて南方に進出したのに、肝心の物資が日本に届かない状況。末期の日本の油不足は周知の事実だと思います。
物資の輸送がままならない日本軍は最終的に戦艦で物資を運搬するといった有様でした。



海洋国家の日本はシーレーン(海洋交通路)の維持に力を入れなければなりませんでした。
南方の資源地帯を制圧しても、それを本国へ持ち込めなければ意味がないことを失念していました。

現在の海上自衛隊はシーレーンの確保を主目的とされており、敗戦から得た教訓から対空・対潜の鬼となっています。
特に近年、海洋進出が盛んな中国。この国との戦争を避ける抑止力して、高いレベルでの海軍力の維持は必要です。











進撃の巨人続編見たいネー(゚д゚)

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

テトラさん

Author:テトラさん
.
●マビノギ
タルラーク在籍。キホール出身
マビ歴:2006-1月~
隠居組、まったり勢


●艦これ
パラオ泊地所属
2013-10月着任
司令部Lv120、甲種勲章8


●デレステ
音ゲー歴:2015-12月~
MASTERフルコン:108/110
PRP:1174


●ナヲト
マビノギ初期からのフレ。
プロフ絵担当。
ちょっと変なひと。

最新記事
最新コメント
リンク
マビノギ公式
月別検索