FC2ブログ

「死を恐れている人はいません。死にいたる生を恐れているのよ。苦しまないで死ねるのなら、誰も死を恐れないでしょう? そもそも、生きていることの方が異常なのです」 



艦これのケッコンシステムは少し苦手。
艦娘との絆を表現するなら、このイラストのイメージがテトラ好みです(*´∀`)











新艦掘りの成果が全然でないなか、ボスラッシュシリーズ第3弾、作成しました。
テトラのyoutube再生数の稼ぎ頭ですが、これ、新人提督をターゲットにしているものなので、新規着任も頭打ちに差し掛かってる昨今、ちゃんと再生数が伸びるか若干不安だったり(;´∀`)

でも艦これイベントのボス戦BGMは良質なものが多いので、ボス戦BGMメドレーとしてならワンチャンあるかも(
 
カテゴリ : 未分類
2015-11-24(Tue) | コメント : 0

「水力発電だって、風力発電だって、太陽電池だって、すべて環境を破壊するよ。人間が生きていることがクリーンではありえない」 

 
艦これ 2015秋イベント【突入!海上輸送作戦】
最終海域E-5の元ネタはベラ湾夜戦。

制空権を失い、物資・人員の輸送もままならないソロモン海域において、日本海軍は高速な駆逐艦による夜間輸送、「鼠輸送」に活路を見い出しました。
1943年8月上旬、コロンバンガラ島への輸送に「江風」「嵐」「萩風」「時雨」が出撃。
連合国側も偵察機より東京急行出発の報を受け、その迎撃に駆逐艦6隻を投入します。







6147.jpg

画像は鼠輸送の様子。その見た目から連合国側からは東京急行(Tokyo Express)と呼称されていました。

ルンガ沖夜戦やクラ湾夜戦など、夜間襲撃での過去の失敗を教訓に、米軍は徹底した潜伏行動をとり、輸送隊への完全な奇襲を成功させました。

輸送隊が射程圏に入ったところで魚雷を一斉射して即退避。
輸送隊が敵艦を認知した頃には敵艦の姿はなく、こちらに向かってくる無数の魚雷。
被雷し立ち往生しているところに米駆逐隊第二波による艦砲射撃。

これにより「江風」「嵐」「萩風」による輸送隊は全滅。護衛にあたっていた時雨も被雷し、撤退を余技なくされました。
乗員、輸送していた増援部隊あわせて1200人以上が戦死。輸送作戦は失敗に終わりました。


―――ついに米国は、日本の得意とする夜戦において、彼らにまさる戦法を編み出したのである(ニミッツの太平洋海戦史より)











上記を踏まえてE-5を見ると、今回はなかなかよく出来ていると感じます。
時雨の台詞、開幕雷撃を仕掛けてくる駆逐水鬼、ここで沈んだ江風、嵐、萩風はクリア報酬やドロップで邂逅可能などなど。









6148.png

6149.png

駆逐水鬼は萩風説が強いですね。
駆逐水鬼が持っている青い紐は、ミッドウェーで沈没した加賀の救助にあたったのが萩風だったから。
ゲージ破壊後の駆逐水鬼の台詞と萩風の声を聴き比べても似てる感じはします。





さて、とりあえずイベント海域の攻略は終わりましたが、今回はドロップ運が最低でした。
楽しい楽しいイベント攻略から、苦しい苦しい掘り作業へ。
今回はE-3(連合)、E-4(連合)、E-5と掘る場所いっぱいだー、わー苦しいなー(*´∀`)
 
カテゴリ : 未分類
2015-11-22(Sun) | コメント : 0

「どこにいるのかは問題ではありません。会いたいか、会いたくないか、それが距離を決めるのよ」 



E-4抜けたけど・・・・Graf Zeppelin出なかった・・・・掘りにもつれこんだ・・・・マズイ、ひじょうにマズイ・・・・(掘りで狙いの艦を出した経験がほとんどない提督感)

とりあえず最終海域どうにかして、それから考えよう(;´Д`)
 
カテゴリ : 未分類
2015-11-20(Fri) | コメント : 2

「努力は実らない、努力なんか皆しているんだから」 



艦これ 2015秋イベント【突入!海上輸送作戦】 始まりました。
とりあえずE-2まで順調に突破。

E-2のモチーフはコロンバンガラ島沖海戦。
神通さんが乗り越えないといけない海戦。ここは意味がなくても探照灯を持たせたい場面ですね(`・ω・´)
ボスがボスなので、よりアツい展開になりました(*´Д`)



次は折り返しのE-3。
なにやら駆逐艦中心の連合艦隊を組めるようで、非常に楽しみです(*'-'*)
 
カテゴリ : 未分類
2015-11-19(Thu) | コメント : 0

「一寸先が闇なのは、夜道だけではありませんから」 

6146.jpg

今回は雑多に。まずは艦これ。
もう秋も終わりかけですが、秋イベ開始が迫ってきました。
今回は、今度こそ水雷戦隊が主役になれそうで楽しみです。
駆逐艦をもっとたくさん運用したいのです(*´Д`)









6143.png
6144.jpg

毎度おなじみ、運営ツイッターアイコンによる新艦チラ見せからの予想祭り。









6145.png
これ好き。









6141_20151114130239715.jpg

秋イベの準備はキラ付けだけで十分っぽいので、今は牧場を営んでいます。
牧場なんて絶対やることないと思ってたんですけどねー(











将棋ウォーズ。
勝てば初段に昇格。相手の攻めを受けきれば勝ちの将棋になりましたが・・・・











何度も受け間違えて押し潰されて負け_:(´ཀ`」 ∠):_
守りが下手なのはホントどうにかしないといけません。。。

せめて6一飛で桂を消す筋が見えていれば・・・・。ほんとバカ。
でも1年続けてようやく将棋の仕組みがそれなりに理解できてきました(遅)









マリオメーカー。
最近はもっぱら家族にやらせるコース作成にハマってます。
ネット投稿と違い、直にプレイしてる人の観察ができるのが楽しいです(*´∀`)

なるべくイジワルなコースにしないように心がけてますが、気がついたら難しい面になってる不思議。
とりあえずプレイしてもらって、詰まるポイントがあったら修正していく感じ。

マリオメーカーは細かい不満点がいくつかあるものの、遊びやすいようシッカリ考えられたゲームデザインが好印象。このあたりはさすが任天堂といったところです。
有料の追加コンテンツが欲しいなーってくらいにはハマってます(*'-'*)









終物語。
老倉のエピソード観ましたが、ツッコミどころ多いですね、これw


●成人女性一人分の遺体がそれと気づかれずにゴミと一緒に処分される
>ごく稀にそういうこともあるとしても、推理の骨子として組み込むには無理では。(現実でも同様のケースで発覚・報道されてる実例は少なくない)


●朽ちていく母親を死んでいると認識できない老倉
>老倉が正常な判断能力に欠いている事前描写がない、ノーヒントなわけでノックスの十戒に反してます。や、別に反してもいいけど。
>問題は、扇と羽川が推理のつじつまを合わせるために、根拠なしに老倉の性質を決定しているところ。この手法が有りだと、どんなミステリーも適当に犯人をでっちあげて、「そいつの頭がおかしいから」の一言で片付けられるくらいには推理物として破綻しています。


●真実を老倉に告げることを決意するアララギ
>この真実は告げられないという羽川の判断がまっとう。幼少の頃から今に至るまで不幸続きの人間に、「母親は死んでいてアナタは死体の面倒を見ていたんですよ」なんてトドメを刺して、どうしてその後の老倉が幸せになれると思えたのか。「たとえ仇でも、老倉に返せるものがあって本当によかった」という台詞が示すとおり、完全な独善ですよねー。。。


●真実を告げられ、人生に前向きになった老倉
>あの真相のどこに納得がいったのか。あまつさえ自身をサイコパス予備軍のようにまで言われて。強いて挙げるなら扇の言う「違和感」が解消された点ですが、そこが肝の話ではないわけで。
>結局のところ、後味を悪くしないため、話の都合上、むりやり老倉を納得させた印象です。


とまあ、いろいろ粗が目立つお話でしたが、普通に面白かったです。
これお話そのものより会話劇を楽しむ作品のようですし(*´-`)
 
カテゴリ : 未分類
2015-11-16(Mon) | コメント : 4
管理人

テトラさん

Author:テトラさん
...........................
ほぼゲームプレイ雑記です。

●進行中のゲーム
デレステ、ミリシタ、グラブル、シャニマス、ハチナイ

●休止中・サービス終了
マビノギ、艦これ、パンヤ

(プロフ絵提供:なおにぃ)

月別検索