FC2ブログ

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を本当にやりたいだろうか?」 



夏イベ直前の新曲投入。普通にイベントで使えそうなレベルですが(゚д゚)。。。
こうなると俄然イベントBGMが楽しみになってきますねー(*´Д`)







5347.jpg

8月8日開始はちょっと予想外の遅さでした。
これなら7月度ランカーを諦める必要はなかったし、艦隊強化もまだまだできました。
備蓄始めちゃったから、今からそれ解いて出撃するのもなぁ・・・・(;´Д`)







5348.jpg

そんなブログ書いてる現在の備蓄状況。
燃料弾薬はまだ自然回復に任せてる段階で、ひたすらボーキ集めしています。

制空権とるからボーキはそこまで集めなくていいって意見も散見しますが、個人的には今回のイベントは制空権を確保できないレベルの敵制空力、もしくはダメージ源を空母に頼らざるをえない状況 (烈風積んでる場合じゃない状況) になる難関マップがあることを想定しています。

まあ燃料弾薬はいつでも簡単に増やせるし、とにかくまずはボーキですね(`・ω・´)
それはそうとやっぱり赤城さんはカワイイです(*´-`)


以下、赤城さん↓

続きを読む>>

 
カテゴリ : 未分類
2014-07-30(Wed) | コメント : 3

「大学受験は正当に評価される最後のチャンス」 

5346.jpg

荒れることが懸念された榛名の改二ですが、なんとか許された模様。
人気艦背負うのも大変だけど、コニシさん頑張った!

やはり呉空襲まで戦い抜いたということで対空と運が高めに設定されてました。
火力が金剛型最弱なのがちょっとツライかも。霧島と比べると8も劣る(´・ω・`)







5344.jpg
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=44552925


ミッドウェー記事続き


●帝国海軍の慢心

日本はこの作戦に主力鑑の大半を動員しました。
しかし戦闘に参加したのは、赤城・加賀・蒼龍・飛龍からなる南雲機動部隊とその護衛だけで、大和をはじめとする主力部隊は数百キロ後方に待機するに留まりました。

MI作戦には2つの達成目標がありました。
ミッドウェー島の制圧、集結すると予想される米機動部隊の殲滅がそれです。
しかしどちらを優先させるかなど、綿密な作戦計画の打ち合わせは徹底されませんでした。

これまで南雲機動部隊が負け知らずだったことが災いしました。
軍上層部はすでに勝戦ムードだったのです。





●ミッドウェー守備隊との衝突

日本軍による基地への攻撃により、ミッドウェー海戦の火ぶたは切られました。
ミッドウェー守備隊との空中戦に勝利し、爆撃により基地施設の多数を爆発、炎上させることに成功するも滑走路の損傷は不十分でした。

同刻、南雲機動部隊も敵機による攻撃を受けましたが零戦の迎撃により損害はありませんでした。
基地爆撃に成功した攻撃隊から第二次攻撃の要請があり、偵察機から米艦隊発見の報告もなく、南雲長官はミッドウェー近海に米艦隊はいないものと判断。対艦用から対地用への装備変更を発令しました。
この装備変換には1~2時間の作業時間を要するとされています。





●米機動部隊の発見と大きな決断

一方、米艦隊はミッドウェー基地隊の戦闘情報から南雲機動部隊の位置を特定し、次々と攻撃隊を発艦させてました。

装備変換が進むなか、偵察機から米艦隊発見の知らせが入ります。
これを受けて装備の再変換を発令。そこにミッドウェー基地隊からの第二次攻撃を受け、迎撃。さらに重なって基地爆撃を終えた攻撃隊が続々と戻ってきました。

続けて米艦隊に空母がいることが確実となる報告が入ったところで、山口少将から対地用の装備のままで直ちに攻撃隊を発進させるべきと進言があり、司令部は大きなジレンマに直面します。

1.攻撃隊の発艦準備に入ることはすなわち、戻ってきた攻撃隊が着艦できないことを意味し、燃料の尽きかけた彼らを見捨てることになる。

2.そうして発艦させても攻撃隊の装備は対地用に変換されたものもすでにあり、それらの艦艇に対する命中率は極めて低い。

3.護衛の零戦は押し寄せるミッドウェー基地隊の迎撃に出払っており、これを一度着艦させて補給しないと攻撃隊の護衛につけられない。護衛なしの攻撃機が容易に打ち落とされるのは、眼前で次々と落ちていくミッドウェー基地隊が実証している。

司令部は戻ってきた攻撃隊の収容を決断しました。
これは極めて人道的な決定であり、合理的な判断でもありました。
しかし、戦場において正しい判断が必ずしも正しい結果を招くものではなかったのです。(つづく)





※攻撃機(艦攻・艦爆)・・・・爆弾や魚雷を投下する役目の機体。
※戦闘機(零戦)・・・・空中戦を主目的とした機体。これが制空権を獲得することで敵攻撃機の爆撃を阻止し、味方攻撃機の爆撃を補助できる。
 
カテゴリ : 未分類
2014-07-28(Mon) | コメント : 0

「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」 

5341.jpg

アンケートから間を置かなすぎて噴きましたw
アンケートに目を通したかさえ疑わしすぎるw

補償うんぬんに関してはちょっと過剰な気も。
仕様変更は最初から言及されていたことで、細工する人もそこは承知でやってるものとばかり。

トレどうしようかなー。
1週間2倍P投入するにはいいタイミングだけど、ヘタしたら艦これ夏イベと被る恐れも・・・・。
やっぱり夏イベ消化した後かなー(急遽忍術トレ2倍イベント開催とかに期待しつつ)





5342.jpg

購入検討したまま忘れてたフローラ。
かわいいは正義。あとは何か目を惹く能力があればと思ったけど・・・・
だいたい劣化筋斗雲だった(゚д゚)。。。





てむきち提督 「赤城飛龍ってドロップある?」

テ 「5-2でどっちも落ちたはず」

て 「欠陥空母欲しいのだ」←空母提督を敵にまわす発言

テ 「(そんなに欠陥空母が欲しいなら)大鳳建造すればいいと思う。赤城飛龍もハズレで出るし」

て 「6時間」

テ 「ほんとにやってるw」

て 「瑞鶴だった」

テ 「きっと次は大鳳だと思う」←鬼畜

て 「4時間20分」

テ 「2回目やってるwww」

て 「加賀いらん」

テ 「もういいからっ 無理はしなくていいからっ・・・・!」

て 「まだ燃料1万5千ある」

テ 「ヤメローー(゜д ゜;)ーー!」

※夏イベ開始前に提督が一人、リタイアしました。
 
カテゴリ : 未分類
2014-07-25(Fri) | コメント : 5

「どこかしら身に覚えがないと言葉って入ってこないからね。経験を重ねれば印象も変わると思うよ」 

5339.jpg

イモータルようやくとれましたヾ(*'-'*)
150回くらいはカード転生・・・・カード代・・・・うっ頭が。







5340.jpg

平均転生レベル95。もちろんありえません。
これは秘薬使ってる関係ですねー。真の平均転生レベルは75くらいだと思う。

とりあえず累積20kは近いので、それまではモチベーションも保てそうだけど、その後はどうしたものやら(;´Д`)
 
カテゴリ : 未分類
2014-07-24(Thu) | コメント : 0

「悲劇的な人生はロマンチックなのよ。それが他人の人生ならね」 

 
艦これ夏イベント「AL作戦 / MI作戦」まで、いよいよ2週間ほどまで迫ってきました。
今回はミッドウェー海戦をモチーフにしたイベント海域に挑戦するわけですが、ミッドウェー海戦とはなんぞや? という提督も少なからずいらっしゃるはず。

艦これ攻略は史実を知っていると有利に働くことも多々あるので、前知識としてミッドウェー海戦についてなるべく文字数を少なく、簡潔にまとめてみました。





●MI作戦の目的

山本五十六 総司令長官はかねてより対米戦において守勢では勝ち目がないと考え、攻勢に出て短期決戦に持ち込むことを念頭に置いていました。
攻勢とはハワイ方面への進出。その第一段階がミッドウェー島攻略、MI作戦です。





●ドーリットル空襲

日本本土が突如、米軍機の襲撃を受けました。
勝ち続けてるのに本土を爆撃された事実に日本全体が動揺しました。
当初は否定的な見方が多数を占めたMI作戦でしたが、これを機に重要視されることになります。





●戦前の動向

日本軍は陽動としてミッドウェー以北のアリューシャン方面への侵攻(AL作戦)を立案。
龍驤と隼鷹、2隻の空母を主力とする部隊を編成しました。
しかし、この陽動作戦は通信暗号を解読されていたため、米軍に看破されていました。

先の珊瑚海海戦で日米共に主力空母が損傷していました。
日本軍は翔鶴・瑞鶴をMI作戦に参加させないことを決定。
米軍は中破したヨークタウンを三日三晩不休の作業により、戦えるレベルまで修復しました。

これらによりMI作戦における日米の航空戦力差は互角となりました。(つづく)











これまでのイベント海域ボス戦をまとめてみました。
夏イベ楽しみー(*´Д`)
 
カテゴリ : 未分類
2014-07-22(Tue) | コメント : 2
管理人

テトラさん

Author:テトラさん
...........................
ほぼゲームプレイ雑記です。

●進行中のゲーム
デレステ、ミリシタ、グラブル、シャニマス、ハチナイ

●休止中・サービス終了
マビノギ、艦これ、パンヤ

(プロフ絵提供:なおにぃ)

月別検索